[教育|家計|保険|住宅]FP豊田眞弓の心とおサイフのWealth術

FP&教育資金アドバイザー豊田のぶっちゃけ日記。心もおサイフももっと豊かにハッピーに!(since2006.7.22) 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職させられる人の出産手当金をもらう法

怒濤の6月でした。
気がつくと終わっていた!
そんな月でした。

7月は中旬に事務所が引越しで、
またまたばたばたします。
ご相談なども2週間はごめんなさいしています・・・
(お客様にはご日程を融通していただくなど、
ご迷惑おかけしています)

でも!
移転してパワーアップしますので、
新生Wealthをお楽しみに~!!


さて、オールアバウト「子育てにかかるお金」に記事をアップしました。
長く働いても妊娠で肩たたきに遭う人がまだまだ少なくない中、
そうした人のための、出産手当金をもらう方法を書きました。
自主的に辞める人は対象外です。

余談ですが・・・
「退職させられる人の出産手当金をもらう法」のにっこり写真、
私的にはとってもお気に入りです(笑)。


<更新情報>
●退職させられる人の出産手当金をもらう法
●中学1年生のお小遣い額は?
●お小遣いのナゾ
☆All About[子育てにかかるお金]
*メルマガもぜひご登録くださいm(__)m
スポンサーサイト

スタイリッシュ父親情報誌「FQ JAPAN」

ついにこんなステキな雑誌が、日本にも登場したのね!
と、思わず感心してしまったのが、
UK発スタイリッシュ父親情報誌「FQ JAPAN」。

「スタイリッシュ」という言葉に一瞬、誤解してしまいそうですが、
この本のコンセプトはこうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕事、家庭、(自分の)自由時間をバランスよく保てることが、
尊敬される父親(DAD)。
『FQ JAPAN』は、子供との時間を大切にする
スタイリッシュで自然体な「DAD」たちを応援するための
ライフスタイル情報誌です。

父親の育児参加において先進国である
UKをはじめとするヨーロッパの「New DADスタイル」を取り入れつつ、
日本での家庭や地域社会から求められる父親像を追求していきます。

本誌を通して、育児に真剣な父親は“カッコイイ”存在である
ということを自覚してもらうとともに、
有意義なDADライフを楽しんでいただければと考えています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おおー、ラブリーな本ですねー。

育児に真剣な父親は“カッコイイ”。

表面的なカッコツケでなく、
結果的にカッコイイということですね。
しかも、自然体で。

ホントに周囲を見ていてそう思います。
父親として一生懸命な人って、
確かにカッコイイですよ♪
人間にさらに深みがでますよね。
もちろん、子育てしてなくても
人間的に魅力的な人っていっぱいいますけど。


そんな雑誌で、教育資金部分の取材を受けました。
届いた表紙がブラピ。
子育てもがんばっているんだそうです。
うーん、カッコイイ!

■掲載された雑誌など
UK発スタイリッシュ父親情報誌「FQ JAPAN」第3号
(アクセスインターナショナル刊)
「教育資金の準備法」


FQ JAPAN (エフキュージャパン) 2007年 07月号 [雑誌] FQ JAPAN (エフキュージャパン) 2007年 07月号 [雑誌]
(2007/06/01)
アクセスインターナショナル
この商品の詳細を見る

広島で

広島へ出張してきました。

直前まで雨の予報だったのが、当日は快晴!
翌日もどしゃ降りの予報が、傘いらずでした。
ひょっとして・・・晴れ女だったかしら?

お仕事は、ある企業のライフプランセミナー。
数年前、インタビュー記事を見てご連絡下さったのがきっかけで
時々お声がけ戴いています。

セミナーは4時に終了。
みなさん熱心で、とても楽しかったです(感謝!)。
これからは、家計管理スキルがものをいう時代だということ、
わかっていただけたようです(と思います・笑)。


終了後、近くだったので原爆ドームへ行きました。



原爆で亡くなった方々や、
その後も後遺症で苦しむ方々のことを思うと、
胸が苦しくなりました。
子供のころに「ニンゲンヲカエセ」という詩を読んだときの
ショッキングな気持ちがよみがえりました。

どういう経緯で悪魔の兵器を使う決定が下されたのか、
なぜ広島・長崎の「2箇所」だったのか、
投下の日はなぜ快晴でなければならなかったのか・・・

為政者の意識1つで避けられたかもしれないことも含め、
考えれば考えるほど、辛くなります。

戦争を終わらせるのが目的だったなら、
核を使用するという「脅し」だけでも
日本は降伏したのではなかったか・・・?


↑原爆で焼かれたヒロシマ。一瞬で12万人が亡くなった。


「安らかに眠ってください、過ちは二度と起しませぬから」

そんな言葉が彫られた慰霊碑の前で手を合わせると
涙がこぼれました。
これ以外に慰霊の言葉はないと思います。

私達にできることは、原爆投下を「人類が犯した過ち」として捉え、
核廃絶を実現することだけなのではないでしょうか。


ところで、爆心地近くは、放射能の影響もあって、
「100年は草も生えない」
そういわれたそうです。
しかしその後、焼け焦げた木から若芽が吹いたそうです。

原爆資料館の出口そばには、その木が蒼々と茂っていました。


■セミナー等

6月23日(土) 於:広島
       主催:某上場企業労働組合
       「夢をかなえるライフ&マネープラン」
       (対象は30代、40代)

無選択型の保険について

小雨が降る中、目白から歩いて会場へ。

ショートカットのつもりで、住宅地に入ったのですが、
それがまずかった。
間取と家を見るのが大好きなので、
ステキな外観の家や、
植栽などの手入れが行き届いている家があると
ついつい見とれてしまいます。

きょろきょろしながら歩く姿は、
かなり怪しかったのではないかと思います(笑)。

セミナーや講座の時は、早めにいって会場を確かめ、
近くの喫茶店などでコーヒーを1杯飲むのが
いつものパターンなのですが、

この日は住宅ウォッチングでゆったりしてしまい、
会場へ直行することに。
20分前でしたが、参加者はすでに数名いらしていました。

今回は生命保険関係のテーマで、
「無選択型保険について」でした。

ご高齢の方もいらしたので、
ゆっくり話し、できるだけ平易なご説明を心がけました。


■セミナー等

6月14日(木) 於:豊島区雑司が谷地域文化創造館
       主催:豊島区やまぶきの会
       「無選択型の保険について」
       (参加者:30代~80代の男女)
最新の記事
カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

カテゴリー
検索フォーム

最近のコメント
リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

お知らせ
プロフィール

ハッピーFP☆豊田眞弓

Author:ハッピーFP☆豊田眞弓
FP、住宅ローンアドバイザー、ファミリーリスクコンサルタント。教育の無料化を訴えています。
FPラウンジ ばっくすてーじ代表⇒プロフィール詳細へ

<仕事のテーマ>
●持続可能な家計の実現(トータルファミリーリスクマネジメント)
●人生転機のマネー術(結婚、離婚、死別、親の介護等)
●子供の金トレ
●心とおサイフのWealth術

【最近掲載された雑誌など】
⇒こちらへ










ブログランキング

↓↓応援クリックお願いしま~す

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

著書&掲載された雑誌

☆実務教育出版「50代・家計見直し術」

☆アニモ出版「住宅ローンは55歳までに返しなさい!」

☆PHP研究所「マイホーム賢い人はこうして買う」


☆PHP研究所「住宅ローン賢い人はこう借りる<改訂>」


親の入院・介護が必要になったときに読む本


他人には聞けない夫が死んだときに読む本


その他雑誌

あるじゃん 2010年 10月号 [雑誌]

あるじゃん 2010年 10月号 [雑誌]

価格:450円(税込、送料別)

週刊 エコノミスト 2010年 9/7号 [雑誌]

週刊 エコノミスト 2010年 9/7号 [雑誌]

価格:600円(税込、送料別)

☆あるじゃん2010年9月号
あるじゃん 2010年 09月号 [雑誌]

日経マネー 2010年5月号

Domani(ドマーニ)2010年02月号


☆女性セブン 12月10日号「どうする?どうなる?住宅ローン」

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。