[教育|家計|保険|住宅]FP豊田眞弓の心とおサイフのWealth術

FP&教育資金アドバイザー豊田のぶっちゃけ日記。心もおサイフももっと豊かにハッピーに!(since2006.7.22) 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども手当半年継続

子ども手当つなぎ法案が可決されましたね!

賛成反対が半数ずつで、議長票で決定したそうです。

ただし、あくまでも半年の暫定措置。

半年後には廃止もありうるとのこと。

まだまだ気が抜けませんね・・・


子ども手当ないしは教育の実質的無料化は訴えていきたいですが、

「縮小」することがないとは限りません。

この半年の間に、

ファミリー世帯は家計を切り替え、

子ども手当がなくてもやっていける体制を整えておくことも大事ですよ!

スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

今、できること

■この未曾有の災害で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方やご家族の方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復旧・復興を目指し、一緒にがんばりましょう。


子どもマネー総合研究会のメルマガは毎週土曜0時に発刊しています。
その内容を転載しました。数日前に書いたものでやや時間の経過を感じます。
(以後、しばらくお休みの予定です)


今、できること

いまだに続く余震。断水、停電。冷え込みも激しく、雪がちらつく被災地もあります。
避難所では、毛布1枚で寒さに震えながら耐えている方たちがいます。
家を失い、ご家族を失われた方もいます。
突然の出来事にショックを受けたご老人の方、親とはぐれて泣きじゃくる子どもたち。
そして、どこかで救助を待つ命のともしびも・・・。
必死に救援活動に携わっている方や、原子力の脅威を抑えようと闘っている方、各地に電気を通すために活動されている方もいます。

報道で被災地の悲惨さを見るたびに胸が締め付けられます。
何もできないもどかしさ、腹立たしさ。
身内の安否は確認できたものの、それでも心のざわつきはおさまりません。

被災していない私たちに今できることは何でしょう?

まず1つは、平静、平常を保つことではないでしょうか。
普段通り、粛々と暮らす。心を乱さず、落ちついて暮らすのです。
これから、「日本の復興」という一大事が待っていて、
特に被災していない人たちががんばらなくてはならないのです。
健康でいて、余力を残しておくことも大事です。
いずれは、後片付けなどボランティアが必要な時期も来ると思いますので、
今は余力を残しておきましょう。

2つめは節電。
電気は最低限にする。1枚厚着をして暖房を消す。
テレビも音を小さくするだけで節電になります。
充電して使うものは、充電完了後はコンセントから外す。
洗濯はできるだけまとめてする。電気はこまめに切る。
・・・できることをしましょう。

3つめは、商品の買い貯めに走らない。
スーパーやコンビニの棚から品が消えたのは、
流通の問題よりも、買い占め・買い貯めに走る人が増えたためだそうです。
被災地に少しでも物資を送るためにも、
被災地外のエリアでの物資不足をおこさないことは大事です。
品物がない不安が不安を呼ぶのかもしれませんが、
必要以上に買いこまないで、少しでも被災地へ回せるようにしましょう。

4つめは献血。
16歳から69歳までの健康な方であれば可能です。
献血車を見かけたら、協力してみてはどうでしょう。

5つめは義援金。
コンビニに買い物に来た親子がいました。
親がお釣りの小銭を3歳くらいの子どもに渡し、
子どもが募金箱に入れている姿も目にしました。
子どもたちにも、こんな時の「助けあい」「励ましあい」の姿勢を
伝えていきたいものです。
住民税を指定した自治体に支払う「ふるさと納税」という方法もあります。
手間はかかりますが、被災地を直接支援する方法としては有効です。

<義援金>
日本赤十字 https://gienkin.jrc.or.jp/
ワールド・ビジョン・ジャパン http://worldvision.jp/news/news_0589.html
Yahoo!基金 http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
Tポイント募金 http://tsite.jp/
ジャパンネット銀行募金 http://www.japannetbank.co.jp/news/general2011/110312.html
三菱東京UFJ銀行 http://www.bk.mufg.jp/news/news2011/pdf/news0312_02.pdf

6つめは投資です。
地震で株価が低迷し、計画停電もあって、投資していた資金を引き上げる動きもありますが、
復興のためにも、経済にもエネルギーが必要です。
日本株でもETFでもいいと思います。
小口でもいいです。投資を控えるのではなく、投資をする。
マインドを下げないことが大事です。
(注:ただし、値下がりリスクがあることを理解して、
覚悟の上で投資をなさってください)

私自身もできることをしようと思います。
余震のエリアが広がっています。みなさまも警戒を緩めず、でも粛々と、普通に、暮らしましょう。


子どもマネー総合研究会 よろしければメルマガ登録をお願いします

テーマ:ママのお役立ち情報 - ジャンル:育児

奇妙なACのCM

地震以来、頻繁に流れるACのコマーシャル。

その中で、とても気になるものがあります。

親子のスキンシップを増やそうという啓発のCMだと思うのですが・・・


女児「幼稚園でお花作ったんだよ」

母親らしき女性「何?」

女児「お花」



かすかに聞こえる母子の会話を

何度か聞いているうちに、

CM自体がとても怖いものに思えてきました。


ママに笑顔を向けて甘える女の子を

やさしくなでつつ、

上のような会話がされているのです。


しかも、ママの声のトーンは淡々としています。

雑談をたまたま撮ったものだとしても、不思議です。



女児「幼稚園でお花作ったんだよ」

母親らしき女性「そうなの、上手にできた?」

女児「うん!今度ママに見せるね!」


せめてこれくらいの会話が普通な気がします。


スキンシップがあっても、

心のスキンシップがなければ子どもは敏感に感じ取ります。

目の前の娘の話を聞けないこの母親に

なにがあったのだろう?

・・・と想像するのは考え過ぎですね。


テーマ:気になる! - ジャンル:ライフ

節電&募金

東日本大地震、マグニチュードが9.0に変更されましたね。

亡くなられた方の数も、行方不明者の数も、

どんどん増えてきて、

百人単位どころか、数万人規模の被害になりそうで

胸が痛いです。


海外からの救助も相次ぎ、

日が落ちる前にと、

必死の救助が続いているようです。


まだ連絡がつかない親戚や友人もいるので心配です・・・

先ほど仙台の友人に連絡がつきましたが、

若葉区は被害がほとんどなかったそうで、

電気、ガス、水道も戻り普通の生活に戻っているそうです。


茨城の実家は海沿いですが幸い津波の被害はなかったものの、

電気、ガス、水道の復旧の見込みが立たず

しかもストーブが電気がないと使えないタイプだそうで

夜はまだ冷え込むため辛そうです。

スーパーもコンビニもガソリンスタンドも開いていないようです。

母は大きな手術の後なので心配です・・・。



弟や親戚とはときどき連絡をとっていますが、

懐中電灯やラジオなどを聞くための電池とローソクがほしいとのこと。

宅配便も送れないのですが

いつでも送れるようにと買い物に行ってみたら、

電池やローソクは在庫があまりなく・・・

店も配送がないらしく、都内でも品物の棚はがらがらで驚きました。



なにもできないもどかしさを感じますが

今は専門家にまかせるしかありません。

今できるのは節電、そして募金ですね・・・


<募金>
ワールド・ビジョン・ジャパン
Yahoo!基金
Tポイント募金
ジャパンネット銀行募金受付
三菱東京UFJ銀行

テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

地震被害に遭われた方への呼びかけ

他のブロガーさんからの呼びかけを支援します!


■お互いの安否確認
災害 用緊急ダイヤル「171」にかけて伝言を残す、伝言を聞く。
携帯電話 のウェブ (iモード 、EZウェブなど)のトップメニューで「災害掲示板 」を活用
被災地の方はメッセージを登録できます。
被災地でない方は聴くだけです。電話番号で相手を検索できるようになっています。

■インターネット 消息情報
個人名を登録・検索できるようになっています
http://japan.person-finder.appspot.com/

■ツイッター PC版
http://twitter.com/
検索窓で情報を得たい地域の地名 などで検索してください
下記のタグ 「#jishin」を検索すると、地震 関連ツイート が確認できます
#jishin: 地震一般に関する情報
#j_j_helpme :救助要請
#hinan :避難
#anpi :安否確認
地震の影響で身動きできない人は→【#j_j_helpme】これをツイートして、助けを呼んでください!! ついでに、GPS 付けてツイートすれば助かる可能性あります

■ツイッター携帯公式サイト地震情報(携帯電話のみ)
http://twtr.jp/earthquake

■東北地方 のリアルタイム情報
まちBBS 東北 版(確認したい地域などのスレッド をさがしてください)
http://tohoku.machi.to/touhoku/
ブログ村 (東北地方のブロガー の記事)
http://localeast.blogmura.com/



■夜にあたって・・・
阪神・淡路大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害 は、「治安悪化」による「人災 」です。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティ を作りましょう。

■野宿の場合・・・
新聞紙・ダンボールでも防寒出来ます。
毛布等無い場合、見つけたら確保しておくと良いです。

■避難した女性の方・・・
絶対に一人で公衆トイレに行かない事。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上で行くようにして下さい。

■赤ちゃんがいる方・・・
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。

■地震が起こったら、必ず玄関のドアを開けて避難経路を確保してください。

■X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!

■携帯と充電器、ラジオ 、ペットボトル水必要!

■食料は最低3日間は自立しなければいけません。

■火事などの2次災害に注意

■余震がきたら、周りもパニックにならないようしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。

■火災がおきた場所にいる方は、ストッキングをできるだけ脱ぐ(火傷したら広がる恐れがあります)

■生理用ナプキンがいい止血帯になります。

■サランラップ が何かと便利

■あったらいいもの
笛 お金 水 ペンライト お菓子 携帯 応急セット ハンカチ ティッシュ

■停電時にはブレーカーを落とす
避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
停電から復旧した瞬間にショートして火災というケースもあるので、停電時にも落としましょう。
通電されたらブレーカーを1つづつ入れて下さい。
漏電ブレーカーが落ちるようであれば、無理に入れず、業者等に連絡をとって下さい。

■ガスの元栓をしめてください。
ガスが漏れて充満すると、静電気 だけで大爆発が起こります。

■室内でも履物を確保
ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。

■避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも簡易ヘルメットになります。

■お子さんがいらっしゃる方PTSD について予備知識をもっておいてください!
子どもに限らず、事故・災害があったときに心にダメージを受けます。

■NHK 英語情報
Earthquake Information!If you are seeking information about earthquake.Please listen to NHK radio at 963.It is broadcasting some information in English , Chinese, Korean, Spanish, Portuguese, German, and French

twitter より/外国人 の方で地震 情報を求めている方がいらっしゃいましたら、現在NHKラジオ 963にて英語、中国語 、韓国語 、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語 、フランス語 の各言語 で地震情報を放送しています。

■家具に埋もれて動けなくなったら物を叩いて音を出す
「2・5・2」のリズムは「要救助者あり」の信号。消防 職員が必ず救助する

■スマフォ、パソコン、携帯等充電出来る時に充電を
トイレも行ける内に行きましょう。

■地震で眼鏡・コンタクト無しの状態になってしまった方
小さな穴(テレカの穴ぐらいの大きさ)を通して見ると、視力を確保できます。視界が狭くなるので、近くは裸眼で確認しつつ遠方はそれで確認して下さい

■被災者
保険証を紛失、家に置いたまま避難している場合があるので、
健康 保険 であれば「氏名、生年月日、事業所名」
国民健康保険 ・後期高齢者医療制度 の被保険者は「住所」を申し出ると受診 ができます

■車中泊の方
中越地震 の被災者です。寒いとは思いますが一酸化炭素 中毒防止のため、1hくらいおきに暖房を切って下さい。エコノミー症候群 防止のため、こまめに体を動かして下さい。

■過呼吸や泣いている方がいたら側について居てあげましょう
誰かが側にいるだけで、ずっと安心します。
声をかけて安心させてあげましょう。


■気をつけてください
阪神大震災では偽のガス会社や水道局、電気工事、宅配便等を装った強盗や強姦がありました。義捐金詐欺も見られましたので、警戒心を忘れないでください!



1人でも多くの方が助かることを祈ります。

テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

最新の記事
カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

カテゴリー
検索フォーム

最近のコメント
リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

お知らせ
プロフィール

ハッピーFP☆豊田眞弓

Author:ハッピーFP☆豊田眞弓
FP、住宅ローンアドバイザー、ファミリーリスクコンサルタント。教育の無料化を訴えています。
FPラウンジ ばっくすてーじ代表⇒プロフィール詳細へ

<仕事のテーマ>
●持続可能な家計の実現(トータルファミリーリスクマネジメント)
●人生転機のマネー術(結婚、離婚、死別、親の介護等)
●子供の金トレ
●心とおサイフのWealth術

【最近掲載された雑誌など】
⇒こちらへ










ブログランキング

↓↓応援クリックお願いしま~す

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

著書&掲載された雑誌

☆実務教育出版「50代・家計見直し術」

☆アニモ出版「住宅ローンは55歳までに返しなさい!」

☆PHP研究所「マイホーム賢い人はこうして買う」


☆PHP研究所「住宅ローン賢い人はこう借りる<改訂>」


親の入院・介護が必要になったときに読む本


他人には聞けない夫が死んだときに読む本


その他雑誌

あるじゃん 2010年 10月号 [雑誌]

あるじゃん 2010年 10月号 [雑誌]

価格:450円(税込、送料別)

週刊 エコノミスト 2010年 9/7号 [雑誌]

週刊 エコノミスト 2010年 9/7号 [雑誌]

価格:600円(税込、送料別)

☆あるじゃん2010年9月号
あるじゃん 2010年 09月号 [雑誌]

日経マネー 2010年5月号

Domani(ドマーニ)2010年02月号


☆女性セブン 12月10日号「どうする?どうなる?住宅ローン」

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。