[教育|家計|保険|住宅]FP豊田眞弓の心とおサイフのWealth術

FP&教育資金アドバイザー豊田のぶっちゃけ日記。心もおサイフももっと豊かにハッピーに!(since2006.7.22) 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けは人のためならず

平日の夜や土日は、子供の勉強を見てあげています。
その中で1つ発見をしました。

「情けは人のためならず」

この諺、どんな意味だと思います?


事務所でも聞いてみましたが、
「言葉どおりでしょ?」との答え。
私も勘違いしていました。

「相手に情けをかけて甘やかしたのでは、その人のためにならない」
といった意味だと理解していたのです。

実は全く違うのです!

「人に情けをかけるのは他人のためではなく、自分のためだ」
といった意味が本来の意味なのです。

人に優しくすると、巡り巡って自分に返ってくる。
だから他人に優しくすることは自分のためでもある。

そうだったのか~!!
昔の人はそう思っていたのね!!
(昔っていつごろかわかりませんが・・・)

コミュニケーション術としては昔の方がむしろ進んでいた(?)ことが、
私にとっては大きな発見でした。
日本人も捨てたものではないな(笑)と思いました。

仏教の考え方が根底にあるのでしょうか。
日本人の遺伝子には、
そうした他人への寛大さ、優しさがもともと備わっているのだと知って、
最近の殺伐とした、冷たい社会を変える起爆剤はここにある!
と感じたのです。

人に優しくすれば、
その行いは巡り巡って自分に返ってくる。


人に優しくすれば、
みんなが優しくなれる。
社会が明るくなる。
そして、自分ももっとハッピーになれる。


ほんと、そうですよね


「なぜ殺してはいけないのか」といった議論がありますが、
その答えもここにあると思います。

「誰かを殺すということは、自分を殺すことであり、社会を殺すことだから」

だからいけない。


こんな身近に答えがあったのです。
しかも、自分たちの心の中に!

*** COMMENT ***

そうですか!!

そうなんですね!偶然!
番組見たかった。残念・・・

ほんと、そう思います。
というより、そういう考え方をひろげていきたいです

昨日のTV

オーラの泉でも同じような事を江原さんと美輪さんが話されていました。
皆が思い合える世の中になると良いですね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新の記事
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

カテゴリー
検索フォーム

最近のコメント
リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

お知らせ
プロフィール

ハッピーFP☆豊田眞弓

Author:ハッピーFP☆豊田眞弓
FP、住宅ローンアドバイザー、ファミリーリスクコンサルタント。教育の無料化を訴えています。
FPラウンジ ばっくすてーじ代表⇒プロフィール詳細へ

<仕事のテーマ>
●持続可能な家計の実現(トータルファミリーリスクマネジメント)
●人生転機のマネー術(結婚、離婚、死別、親の介護等)
●子供の金トレ
●心とおサイフのWealth術

【最近掲載された雑誌など】
⇒こちらへ










ブログランキング

↓↓応援クリックお願いしま~す

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

著書&掲載された雑誌

☆実務教育出版「50代・家計見直し術」

☆アニモ出版「住宅ローンは55歳までに返しなさい!」

☆PHP研究所「マイホーム賢い人はこうして買う」


☆PHP研究所「住宅ローン賢い人はこう借りる<改訂>」


親の入院・介護が必要になったときに読む本


他人には聞けない夫が死んだときに読む本


その他雑誌

あるじゃん 2010年 10月号 [雑誌]

あるじゃん 2010年 10月号 [雑誌]

価格:450円(税込、送料別)

週刊 エコノミスト 2010年 9/7号 [雑誌]

週刊 エコノミスト 2010年 9/7号 [雑誌]

価格:600円(税込、送料別)

☆あるじゃん2010年9月号
あるじゃん 2010年 09月号 [雑誌]

日経マネー 2010年5月号

Domani(ドマーニ)2010年02月号


☆女性セブン 12月10日号「どうする?どうなる?住宅ローン」

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。