[教育|家計|保険|住宅]FP豊田眞弓の心とおサイフのWealth術

FP&教育資金アドバイザー豊田のぶっちゃけ日記。心もおサイフももっと豊かにハッピーに!(since2006.7.22) 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学から私立を考えるには?

教育資金に関してよく聞かれる質問が、

中学から私立を検討するには

どれくらいの年収があればいいでしょうか?ということ。


実は、単純な年収の問題ではありません。

それよりも、小学校5年生から年間100万~150万円(場合によってはそれ以上)

かかり続ける教育費をいかにストックとフローでまかなっていくかです。

住宅ローンを小学4年までに完済するのも1つの方法でしょう。


我が家では現在、中3の子どもの教育費や関連費で月15万~18万円かかっています。

塾の費用やスポーツなど、学費だけでない支出がかさんでいるためです。

うちの場合は、中学から私立という道を真剣に考えたのは10月頃でしたが、

急な方向転換でも対応できたのは、

早めに教育資金の準備を進めていたからだと思っています。


学費も学校でだいぶ差がありますし、

資金面から真剣に考えるのであれば、

ぜひ個別の教育資金相談を受けられることをお勧めします。

テーマ:子育て・育児 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

NO TITLE

そうなんですよね。
定期もばかになりませんね。

ほかにも、お弁当代とか、子供のお小遣い、
あるいは私服もうるさくなってきているし、
育ち盛りで制服も買い替えがあるし・・・
ある程度ゆとりを持って選択をしたいものです。

にしても、甥っ子さん医学部ですか・・・
それはかかりますね。
でも、将来がとても楽しみです!

定期代

私の妹の息子も私立中から、いま高三ですが、
かかる資金の話を聞いたら、
予想外だったのが、定期代だったとか。
3ヶ月とか半年分とかをまとめ買いするので、学割がきいても
かなりかかるとか。
地下鉄を使う場合は、なお更とか。

サラリーマンを退職して、ウン十年。
定期のことなど、忘れていました。

いま、その甥っ子は、医学部目指してがんばっていますが、
さらなる資金工面に直面しているようです。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新の記事
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

カテゴリー
検索フォーム

最近のコメント
リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

お知らせ
プロフィール

ハッピーFP☆豊田眞弓

Author:ハッピーFP☆豊田眞弓
FP、住宅ローンアドバイザー、ファミリーリスクコンサルタント。教育の無料化を訴えています。
FPラウンジ ばっくすてーじ代表⇒プロフィール詳細へ

<仕事のテーマ>
●持続可能な家計の実現(トータルファミリーリスクマネジメント)
●人生転機のマネー術(結婚、離婚、死別、親の介護等)
●子供の金トレ
●心とおサイフのWealth術

【最近掲載された雑誌など】
⇒こちらへ










ブログランキング

↓↓応援クリックお願いしま~す

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

著書&掲載された雑誌

☆実務教育出版「50代・家計見直し術」

☆アニモ出版「住宅ローンは55歳までに返しなさい!」

☆PHP研究所「マイホーム賢い人はこうして買う」


☆PHP研究所「住宅ローン賢い人はこう借りる<改訂>」


親の入院・介護が必要になったときに読む本


他人には聞けない夫が死んだときに読む本


その他雑誌

あるじゃん 2010年 10月号 [雑誌]

あるじゃん 2010年 10月号 [雑誌]

価格:450円(税込、送料別)

週刊 エコノミスト 2010年 9/7号 [雑誌]

週刊 エコノミスト 2010年 9/7号 [雑誌]

価格:600円(税込、送料別)

☆あるじゃん2010年9月号
あるじゃん 2010年 09月号 [雑誌]

日経マネー 2010年5月号

Domani(ドマーニ)2010年02月号


☆女性セブン 12月10日号「どうする?どうなる?住宅ローン」

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。